« リンクするということ。 | トップページ | ジンバブエ。 »

上京日記 09/07

仕事の都合上、銀行口座を新設することにした。

時間は午後3時ちょっと前。

終業間際に駆け込んだのでそれなりに混雑していたものの、手続き自体は特に滞りなく進み、番号札を渡され、あとは通帳ができるのを待つのみ。

だったのだが…。

 

座って待っていると、小柄で眼鏡をかけた、見たところ30代前半くらいの、そこそこのポストらしき男性の銀行員が腰を低くして近寄ってきた。

 

行員「お待たせして申し訳ございません。こちらへどうぞ」

 

言われるまま従うと、そこは。

 

“第三応接室”

 

えっ? なに?

口座つくっただけやのに、こんな大袈裟な待遇なの?

もしくは、何か俺、審査的なものに引っかかったのかしら…。

不正? 不審? いやいや、何もしていないはず。

それとも東京だから? こっちでは基本こーゆーものなの?

なになに? 分からない。東京すげぇ。怖ぇ…。

とか何か、一瞬でいろんな考えが駆け巡っている間に、ドアが開き応接室の中へ通されてしまう。

どうしようもないので、「どうぞ」と促されるまま奥の椅子に腰掛けようとしたら。

 

行員「お久しぶりです」

 

時間が止まる、

という表現をリアルに体感したのは初めてだ。

え?

今のこの状況は何だ? どういうことだ?

さっきから全く分からない。

待て待て。冷静に考えろ。前後を整理するんだ。

なにか俺が忘れてしまっていることがあるはずだ。とりあえず、まずは目の前にいるオッサンを思い出さなければ…いや、しかし初見だろう、どう見ても。どんなに振り返っても俺の人生にこのオッサンの足跡は見つからない。そもそもこの銀行との縁がこれまでにあるはずもない(だって池袋だ)…。

さっき以上にフル回転で考えるも、やっぱり全く現状が理解できないので、降参する。

 

たわ「…と、言いますと?」

 

と、聞いてみたところ。

 

行員「クスモト様でいらっしゃいますよね?」

たわ「違います」

 

…ただの人違いである。

しかし、そっからの男性行員の混乱といっぱいいっぱいぶりがなかなかで、手をあっちこっち動かしながらオロオロし始める。

 

行員「あれっ? えっ? クスモト様、では…」

たわ「違います」

行員「あっ、すみません。あれ? じゃあ、えーっと…」

 

と、顔を両手で覆って深く悩みだした時点で。

――あ、この人今、完全に“名前間違い”だと思ってる。

と思いながら。

でも、あまりにオロオロしてるので、見ていて正直ちょっと面白くなってくる。

そしたら案の定。

 

行員「失礼しました。えっと…あの、えっと、期限切れの件ですよね?」

たわ「いえ。新規口座開設です」

行員「えっ? あれっ? あっ…ごめんなさい!」

 

ようやく根本的誤解に気づいた行員さん。

 

行員「あ。では、こちらでもうしばらくお待ち頂けますか? 大変申し訳ございませんでした。…(と小走りしながら)あれぇ?」

 

と、なぜかまだ小首を傾げながら、奥へ引っ込んで行かれました。

んで、それから程なく、こちらは無事に通帳を受け取ったのですが。

 

こうなったら、もちろん。

先ほどの行員さんが気になります。

あの後、どうなっているのか。

一体、自分は誰とどう間違えられたのか。

成り行きを見守らない手はありません。

なので、その後もしばらく待合席で座って待っていると。

 

行員「すみません、クスモト様。こちらへどうぞ」

来た、と思って振り向くと。

行員さんが連れてきたのは。

 

金髪でロックな体の、がっしりした長身の男性。

 

…。

何をどう見て間違えんねん。

文句というよりむしろ、ちょっとあの行員さんが心配になりました。

まあ、とりあえず。

ファイト。

 

あ、あと追記。

ツイッター始めました。

完全に乗り遅れたクチで言うのも今さらというか、アレですが。

コレは面白い。笑

いろんな業界人とリアルタイムで繋がっている感覚っていうのは、確かに他のメディアやSNSにはないもの。

あと、けっこう著名人の自己紹介とか、所在地の欄に書かれていることがウィットに富んでいるというか、ユニークで楽しい。

頑張ってついて行きます。

|

« リンクするということ。 | トップページ | ジンバブエ。 »

ヒトリゴト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上京日記 09/07:

« リンクするということ。 | トップページ | ジンバブエ。 »