« 物語欲 | トップページ

「なぜ新入社員は反応が薄いのか?」という、

『誠 Biz.ID』の記事を読んで、いろいろ思うところがあったので、ちょいと長めに呟いてみたいと思います。

ひといくNow! 人材育成の今とこれから
「なぜ新入社員は反応が薄いのか?」
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1303/25/news055.html

これ、結構重要なトピックだよな、と思って。
簡単にまとめると、最近の若者はリアクション薄くて、管理職世代からすると「理解してるんだかしてないんだかよう分からん!」と思ってしまいがちなんだけど、いやいや待って、と。
彼らはデジタルネイティブというか、ネットもケータイもSNSも所与の状態で育ってきた結果、“身体を使って表現するリアクション”をあまり必要としない環境で過ごしてきたので、やり方がよく分からないだけで、おおよそ理解もしているし、指導してあげればリアクションも学んでくれるんですよ。
っていう、そういう話ですね。

これ、基本的には間違ってないと思うし、上の世代と若い世代を繋ぐ重要な指摘だなぁと感心しました。
ただ、実はひとつ大きな取りこぼしがあると、個人的には思ってもいて。
つまり今の若い人たちって、「“身体を使って表現するリアクション”というスキルを必要としない」というより、それ以上に「そのようなスキルを伸ばすことが特別メリットにならない環境で育ってしまう」ことに要因というか、大きな問題があるんじゃないかと。

どういうことか。

今の10代、すなわち中高生が学校でどのように過ごしているかをつぶさに知っているわけでは、もちろんありません。教職でもないし、直接に関わる機会はまずないので。
けれども仕事上、指導する機会のある大学生の子たちを見たり、また話を聞くなどしていると、自分が通っていた頃の学校環境とそれほど劇的には変化していないと感じるので、その前提の上で述べますが。
僕が経験してきた感覚で言うならば、今の中学校なり高校において“身体を使って表現するリアクション”が豊かであること、言い換えれば、知的関心や好奇心が旺盛な「キャラ」として振舞うことが教室の中(すなわちクラスメイト間)で、何がしかの好評価を獲得できる項目だとは、まず見なされません。
むしろ逆です。
僕らの時代であれば、上記のような「知的関心や好奇心が旺盛」だと認識された人は、「アツい」というキャラづけをされたものです。(このあたりの言葉は、きっと変化しているのでしょうね)

さらに厳密に言うと、「アツい」のあとには、ほぼ「(笑)」がつきました。
つまり「“身体を使って表現するリアクション”が豊か」イコール「知的関心や好奇心が旺盛なキャラ」として振舞うと、「あいつ何アツくなってんのwww」という冷笑を浴びるリスクを伴ったわけです。

ただし、この「(笑)」がつくのを免れる人というのもまれにいて、けれどもそういう人は大抵、高成績であったり、運動部系の部活の業績があるなど、器用であったり“デキる”タイプの人。
『教室内カースト』(著/鈴木翔,光文社)的に言えば、かなりの「上位」クラスにいる人に限られました。
そして、教室のなかで「上位」と認識されていない人(すなわち“ほとんどの生徒”)は、冷笑を浴びないために極力、何事にも斜にかまえ、しらけているくらいの薄いリアクションを取り続けるのが無難である、という同調圧力的な空気が醸成されてしまう。
というのが、実感として僕が覚えている「教室」という環境でした。

「いや、学校ではそういうのあるかもしれないけどさ、教室を出たらフラットになるわけだし、社会人としてそこは切り替えるもんでしょ」みたいな意見の人もいるかもしれません。
けれども彼らにしてみれば、大学の授業にせよ就職活動にせよ、また就職後の研修にせよ、多くの場合は全くの個人ではなく、基本的には同世代の子たち、すなわち「同じ環境を是として過ごしてきた人たち」に囲まれて受けるわけです。
そんな監視の目がある(だと当人たちには感じられる)状況で、いきなり振る舞いを変えろと言われても、どだい無理な話ではないでしょうか。

もちろん日本全国の教室、全部が全部そうではなかっただろうし、地域によって、もしくは学校によって、濃淡の差は大いにあるでしょう。
昨年、『桐島、部活やめるってよ』という映画を巡って広がった波紋や議論は、この辺の経験や、皮膚感覚としての共感度合いの差によるものだったのだと思います。
けれども濃淡と言うなら、どちらかと言えば僕らの時代より、今の若い世代の方がそういう傾向が強まっているように感じることさえ、彼らと話していると、あります。
びっくりするような小さなことでも、「いいんだよ」と承認してあげないと動けない。そんな場面もたくさん見てきました。

中高の教育にこそ問題があるのだ、などと言うつもりはありません。
どちらかといえば仕事の育成の現場に、冒頭に挙げた記事のような視点が増えてくれたら、と思います。
若者が変わったのではなく、若者の環境が変わってしまっただけ。
できないのではなく、今まで経験してこなかっただけ。
「今どきの若者は~」論も、「教育から変えなければ~」論も、そういう視点が抜け落ちているという点で、どこか首を傾げざるを得ません。
『わかりあえないことから』(著/平田オリザ,講談社)はそういった変化や現状を踏まえ、かつ現場の目線でもって丁寧な教育論を展開している良著で、昨年読んだ中では断トツの“目からウロコ”本でした。

「その程度のことなら、慣れてしまえばいい」

本当に、そう思うんです。

|

« 物語欲 | トップページ

ヒトリゴト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「なぜ新入社員は反応が薄いのか?」という、:

« 物語欲 | トップページ